焼きたてパンケーキが食べられるハワイアンカフェレストラン カフェ・カイラ

HOMEハワイガイド > ハワイの伝統工芸と風習

ハワイの伝統工芸と風習

ハワイの伝統工芸と風習

ハワイの観光地や美味しいレストランには詳しくても、意外と伝統工芸や風習についてはご存知ない方も多いのではないでしょうか。

今回は、ハワイの伝統工芸と風習について詳しくご紹介させて頂きます。

ハワイの移民

ハワイに初めて定住したのは「ポリネシア」という民族。ポリネシア民族にはタイやタヒチなど様々な人種の血統が流れていて、他民族や外国からの観光者を温かく迎え入れてくれました。そのため、さまざまな場所から移民が流れ着いたと言われています。

ハワイの伝統工芸

■ウラハラ織り
ハラという木の葉で作られた小物で、帽子やうちわにコースターなどがメインで販売されています。木の葉というと緑のイメージがありますが、ウラハラ織りに使用する木の葉は落ち葉を集めて乾燥をさせるという大幅な手間を加えているため、薄茶色の籠製品のように見た目も涼しげです。
昔から自然と共存して1894年まで国家を持たなかったハワイならではの伝統工芸品なので、お土産にもおすすめ。これから先も永遠に受け継いでほしい工芸品の中の1つですね。

レイ

■レイ
ホノルル空港出口やハワイアンショーなどでかけてくれる首飾りで、レイはハワイの伝統工芸品になります。
草花で作る首飾りの事をレイと言いますが、他にも鳥の羽や果物、貝殻で作ったものなど様々な種類があるのをご存知ですか。現地では、結婚式やお葬式など冠婚葬祭の場で、日頃の感謝や愛を伝えるツールであることはあまり知られていません。
ハワイでウェディングをされる際には、伝統工芸品であるレイを身に着けると気持ちが引き締まりますよ。

■アロハシャツ
本来、農園で働く労働者の作業着であったアロハシャツ。歴史と共に発展し、今では日本をはじめ世界中の人々に愛されています。
ところで、このアロハシャツの歴史に日本人が大きく関わりがあるのをご存知ですか?日系移民が着物や友禅染物の技術を持ち込み現地で好まれたことにより、ヴィンテージアロハシャツ(初期のアロハシャツで何十万という値段がつけられている物)は和柄のものが多く存在します。
初期のアロハシャツが大恐慌の後、観光地となりつつあったハワイの独自のスタイルとしてトロピカルな柄やフラガールを印字した柄などが主流となりアパレル産業が発展しました。
男性の正装としてハワイでは結婚式やお葬式、ハワイアン航空のCAの制服としても着用されている伝統工芸品アロハシャツ。大切な方へのお土産にもぴったりです。

ハワイの風習

■髪飾り
ハワイの街中で、女性が花を髪に飾っているのを見かけますよね。フラダンスのショーなどでも見かける花の髪飾り、ハワイならではの風習で意味があるのをご存知ですか? 熱帯植物のプルメリアや州の花であるハイビスカスを飾るのが一般的。顔の右に髪飾りをつけている方は独身もしくは恋人募集中というアピールで、顔の左に髪飾りをつけている方は既婚者もしくは恋人がいるので「他の方に興味がありません」というアピールになります。 これはハワイならでは風習ですが、「ハワイで気軽に声をかけられたくない」という方は、(*_*)の左側に髪飾りをつけてさりげなくアピールするのもよいでしょう。

■ベイビー・ルアウ
1歳児を祝う誕生日会をベイビー・ルアウと言います 日本でも初めてのお誕生日を盛大にお祝いしますが、ハワイでは招待状を作ってゲストを招いたり、さまざまなサプライズの演出をするほど。 家にマジシャンやケータリングサービスを呼ぶパターン。ビーチを貸し切ってシェイブアイスブースや砂のお城ブースなど子供たちが喜びそうな露店を出すパターンなど、各家庭で祝い方は様々です。 ハワイは島国なので医療に関する情報が入りにくく、昔は生まれてから1歳の誕生日を無事に迎えられない子供も多かったため、盛大な儀式が行われていた名残がベイビー・ルアウとして引き継がれています。

■ハワイアンジュエリー
お土産やプロポーズの際にもプレゼントで人気のハワイアンジュエリーですが、19世紀半ばにイギリス王室からハワイ王朝に送られたメッセージ入りのバングルが起源となっています。バングルを大変気に入ったハワイ王朝の女王が宝石商人を集めて作らせたジュエリーが、世間に流行してハワイアンジュエリーになりました。 プロポーズなどで送られるハワイアンジュエリーは素材やデザインなどで値段の幅もあるので、代々花嫁が引き継いだものを男性がプレゼントすることが多いと言われています。

ハワイの伝統工芸や風習については、こちらでご紹介させて頂いたもの以外にもまだたくさんあります。ハワイの市場やお土産ショップ、最近ではDFS(免税店)などでも伝統工芸品などを置いていて、気軽に手にいられるようになりました。ハワイを訪れる際には、伝統工芸品もチェックしてみて下さいね。