焼きたてパンケーキが食べられるハワイアンカフェレストラン カフェ・カイラ

HOMEハワイガイド > ハワイについて オアフ島

ハワイについて オアフ島

面積 1,545.3km2
人数 902,704人
空港 ホノルル国際空港
島の花 イリマ
島の色 黄色
主要な山 カアラ山(1,220m)
■基本情報
オアフ島はハワイ州の州都ホノルルがある島で、州の政治・経済・文化の中心です。日本からの飛行機はJALのコナ直行便以外はホノルルに到着し、名実ともにハワイの玄関口です。オアフ島の人口はハワイ全体の約4分の3にあたる86万人ですが、その半分以上がホノルル周辺に住んでいます。
ワイキキはハワイ観光の中心となっています。一年中、比較的安定した気候で、一番寒い2月の最低気温は18.3〜20.6度、一番熱い8〜9月で21.1〜23.3度とあまり変化はありません。ワイキキの年間晴天率は65%と高く、ほぼいつも良い天気を期待出来るビーチリゾートです。
ワイキキから飛び出すと、自然が残りきれいなビーチの広がる東岸や、サーファーの集まるノースショアに、ハレイワの町等魅力的な場所が島全体に点在しています。
■オアフ島への行き方
ハワイの主要空港はオアフ島ホノルル国際空港(HNL)。ハワイへのフライトのほとんどがこの空港に発着します。主要国内航空会社や多くの国際航空会社がオアフ島に乗り入れています。ほとんどどこの主要都市からでもアクセス出来ます。
所要時間は、その時の風の状況によっても違ってきますが、大体7時間前後と考えて下さい。時差が日本と比べて-19時間ですので、慣れてないと時差調整がうまく出来ず、着いた最初の方は調子が悪くなる場合があるので、到着直後は無茶な予定を入れない方が良いでしょう。

オアフ島の見どころ

■ワイキキ・ビーチ Waikiki Beach
東はカピオラニパークから西のヒルトン・ハワイアンビレッジまで、約3kmにわたって続く三日月型の美しいビーチは、世界で最も有名なビーチ。また、ハワイで最も人口密度の高いビーチです。ワイキキのホテルから歩ける距離にあり、レストランやお店も近くにある事から気軽に行ける便利なビーチと言えるでしょう。
また、ワイキキの海は最高のビーチアクティビティ・スポットとしても知られています。サーフィン、ボディーボード、カヤック、スノーケリング、アウトリガー・カヌー…、選択は驚くほど多彩。道具はビーチレンタルのブースで気軽に借りられるので、手ぶらで出かけてもまったく心配ありません。
■カイルア・ビーチ Kairua Beach
白い砂浜とエメラルドグリーンの海が印象的なカイルア・ビーチはオアフ島を代表するビーチ。その宝石のような美しさは、南側のラニカイ・ビーチ共に、かつて全米No.1ベストビーチに選ばれた事もあるほど。
カイルア・ビーチ・パークは、オアフ島の中でも「ウィンドワード」と呼ばれる貿易風が吹き込む地域にあるため、ウィンドサーフィンやカイトボードが盛んです。ウィンドサーフィンのレッスンなども行われています。その他にもカヤックやカヌー、ウェイクボード、ヨットと様々なマリンスポーツが楽しめます。
ビーチ近くには静かで洗練された雰囲気の漂う、「カイルア・タウン」には、 レストラン、アンティーク・ショップが立ち並び、ハワイ通も注目の町。
■ノース・ショア North Shore
サーファーの聖地、ノースショア。シーズン本場の冬を迎えると、人の背丈の数倍もあるビッグ・ウエーブがビーチに押し寄せてきます。そんなノースショアの西に位置し、ゲートウエイともいえる小さな町「ハレイワ」はサーフィンのメッカとして世界中から多くのサーファーが集う町です。
昔ながらのハワイの雰囲気が漂う古きよき町ハレイワでは、ガーリックシュリンプ、クアアイナのハンバーガー、マツモト・シェイブアイスなどの人気B級グルメやサーフ・アンド・シー等のショッピングも楽しめます。
■ホノルル美術館 Honolulu History of Arts
ホノルル美術館は、ニューイングランドの宣教師の娘、アンナ・クック・ライスによって1927年に建てられました。ホノルル美術館のコレクションは、38,000点を上回っているそうです。アジア美術、アメリカ、ヨーロッパの絵画や装飾品、19世紀、20世紀の美術、アジア染織品、アフリカ、オセアニア、南北アメリカの伝統的な作品等、幅広いコレクションを鑑賞する事が出来ます。特に浮世絵は、日本に貸し出しされるほど、コレクションの多さに定評があります。
また、ホノルル美術館の特徴は、展示されている芸術品が全てオリジナルにも関わらず、アートの前にロープが無く、目の前で鑑賞出来る事です。マナーを守って、じっくりと美術鑑賞をされてはいかがでしょうか。
■チャイナタウン&ホノルル・ダウンタウン Honolulu Downtown and China Town
ダウンタウンと道を隔てて隣合わせるチャイナタウンは、19世紀に中国移民の人々が築いたエネルギッシュな街。魚や肉、野菜、果物を扱う市場、飲食店、雑貨店、理髪店などがギッシリと並び、早朝から安くて新鮮な食材を求める人たちで賑わっています。
チャイナタウンのほぼ中心に位置するマウナケア・マーケット・プレイスは、市場とお土産物屋とフードコートが合体したような、雑多でB級風味溢れる建物です。ここのフードコートはその美味しさでローカルに大人気なのだそう。中華だけではなく、タイ、ベトナム、韓国、フィリピン、ローカル・プレートランチ、そして日本食のお店があります。
■クアロア牧場 Kuaroa Ranch
クアロアランチ(牧場)はオアフ島東海岸に位置し、雄大なカアアヴァ渓谷とチャイナマンズハットの浮かぶ海に囲まれた大自然の地です。古来より聖なる土地の一つとして多くの伝説や詠唱が伝えられ、「神秘の地」の名にふさわしい場所でもあります。
クアロアランチ(牧場)に到着すると、ビジターセンターで牧場案内とアクティビティーの説明が行われます。アクティビティーには、ジャングルジープツアーや射撃等がありますが、一番人気は乗馬です。馬は慣れているので、ゆっくり安全に歩いてくれますので、初心者であっても、馬の上からハワイの雄大な海、山、大自然をのんびり感じる事が出来ます。